東京電力小早川社長は正しい説明を国民にしてください

通常の原子力発電所の排水には、トリチウムのほか、Mn-54、Fe-59、Co-58、Co-60、Ni-63、Zn-65が含まれています。

 

しかし、福島第一原子力発電所のタンク内の処理水(汚染水をALPSで処理した水)には、それ以外にも事故由来の57核種が含まれています。

 

加えて、処理水を海洋放出に際して二次処理したとしても、事故由来の核種は低減こそすれ、完全に除去することはできません。

 

東京電力が処理水の海洋放出について通常の原子力発電所の排水と同じであるかの説明をしていますが、それは事実ではありません。

通常の原子力発電所の排水には含まれていない事故由来の57核種が含まれています。

  • profile 山本 拓 とは
  • 福井情報
  • メールマガジン 「拓ネット」 登録はこちら!

TOPに戻る