大学等の授業料・入学金の免除・減額!

真に支援が必要な低所得者世帯の者に対し、大学等における修学の支援を行い経済的負担の軽減を図る『大学等修学支援法』が5月10日、成立しました。

 

2020年4月1日の施行予定です。

法律の主な内容

◆授業料等減免制度の創設

①特に優れた者であって経済的理由により極めて修学に困難がある学生に対し、大学等(大学・短期大学・高等専門学校・専門学校)は授業料及び入学金を減免する。
②減免費用は、国又は地方公共団体が負担する。
③支援の対象となる大学等は、社会で自立・活躍する人材育成のための教育を継続的・安定的に実施できる大学等として確認を受けることが必要。
④授業料等減免に関する不正への対応(徴収金、報告徴収)を行う。

 

◆学資支給(給付型奨学金の支給)の拡充

①日本学生支援機構が行う学資支給を拡充する。
②不正受給に対する徴収金の額の引上げを行う。
③政府から機構への学資支給費用の補助を規定。

 

◆その他

○私立大学・高専への交付金の交付は、日本私立学校振興・共済事業団を通じて行う。

資料

概要

条文

新旧対照表

  • profile 山本 拓 とは
  • 福井情報
  • メールマガジン 「拓ネット」 登録はこちら!

TOPに戻る