中学校におけるダンス必修化とダンスサミット

文部科学省は、2008年3月28日に中学校学習指導要領の改訂を告示し、2012年度から中学校の保健体育においてダンスと武道を必修化しました。
学校卒業後も生涯スポーツの選択という場面で様々な種目があるうちの一つの選択肢として、ダンスが位置付けられましたこととなります。

 

必修化されたダンスは、「創作ダンス」、「フォークダンス」、「現代的なリズムのダンス」で構成され、イメージをとらえた表現や踊りを通した交流を通して仲間とのコミュニケーションを豊かにすることを重視する運動で、仲間とともに感じを込めて踊ったり、イメージをとらえて自己を表現したりすることに楽しさや喜びを味わうことのできる運動であることが、必修化の理由となっています。

 

新しい指導要領では、ダンスについて、以下のように定められています。

中学1年・2年 (1)次の運動について,感じを込めて踊ったりみんなで踊ったりする楽しさや喜びを味わい,イメージをとらえた表現や踊りを通した交流ができるようにする。
ア 創作ダンスでは,多様なテーマから表したいイメージをとらえ,動きに変化を付けて即興的に表現したり,変化のあるひとまとまりの表現にしたりして踊ること。
イ フォークダンスでは,踊り方の特徴をとらえ,音楽に合わせて特徴的なステップや動きで踊ること。
ウ 現代的なリズムのダンスでは,リズムの特徴をとらえ,変化のある動きを組み合わせて,リズムに乗って全身で踊ること。
(2)ダンスに積極的に取り組むとともに,よさを認め合おうとすること,分担した役割を果たそうとすることなどや,健康・安全に気を配ることができるようにする。
(3)ダンスの特性,踊りの由来と表現の仕方,関連して高まる体力などを理解し,課題に応じた運動の取り組み方を工夫できるようにする。
中学3年 (1)次の運動について,感じを込めて踊ったり,みんなで自由に踊ったりする楽しさや喜びを味わい,イメージを深めた表現や踊りを通した交流や発表ができるようにする。
ア 創作ダンスでは,表したいテーマにふさわしいイメージをとらえ,個や群で,緩急強弱のある動きや空間の使い方で変化をつけて即興的に表現したり,簡単な作品にまとめたりして踊ること。
イ フォークダンスでは,踊り方の特徴をとらえ,音楽に合わせて特徴的なステップや動きと組み方で踊ること。
ウ 現代的なリズムのダンスでは,リズムの特徴をとらえ,変化とまとまりを付けて,リズムに乗って全身で踊ること。
(2)ダンスに自主的に取り組むとともに,互いの違いやよさを認め合おうとすること,自己の責任を果たそうとすることなどや,健康・安全を確保することができるようにする。
(3)ダンスの名称や用語,踊りの特徴と表現の仕方,体力の高め方,交流や発表の仕方などを理解し,自己の課題に応じた運動の取り組み方を工夫できるようにする。
内容の取扱い 「ダンス」の(1)の運動については,アからウまでの中から選択して履修できるようにすること。なお,地域や学校の実態に応じて,その他のダンスについても履修させることができること。

ダンスの授業の内容

ダンスは、中学1年・2年では必修、中学3年では選択となりました。
内容は、創作ダンス、フォークダンス、現代的なリズムのダンス(ヒップホップやロック)の3種類で、その中から1つ以上を行うこととされています。
指導する教員向けの『新学習指導要領に基づく中学校向け「ダンス」リーフレット』では、イラスト等を活用し、どのようなことを学ぶこととなるのかが分かりやすく記載されています。

-新学習指導要領-中学校保健体育【ダンス指導のためのリーフレット】DANCE

更に詳しい情報は、以下の資料をご覧ください。
中学校学習指導要領解説 保健体育編

ジャンルを超えたダンス大会『Dance Summit in Japan』

ダンスが中学校の体育で必修化されたことにより、今後はダンスが生涯スポーツとして更に親しまれることになるとともに、裾野が広がることにより、競技レベルの底上げも期待されます。

 

そこで、全国の小中学校でダンス教科が必修化された2012年から「ダンスで日本を盛り上げよう!」を合い言葉に『Dance Summit in Japan(ダンス・サミット・イン・ジャパン)』が開催されています。
本大会は、各省庁等の後援の下、踊ることの楽しさやチームでひとつの作品を作り上げる喜びなどを体験してもらい、一層ダンスへの理解と関心を深めていただくために、ダンスを得意とする小学生・中学生及び一般の方を対象に、「創作ダンス」「フォークダンス」「リズムダンス」「社交ダンス」の4部門について、多様なダンス作品を公募し、厳正な審査により、大臣表彰等を授与しています。
全ての年代、全てのダンスジャンルが参加出来るコンクール形式の総合ダンス大会は国内唯一と言えます。

 

『Dance Summit in Japan』の詳細は、以下のリンクからご覧ください。
http://www.dance-summit.com/

ダンスサミット・イン・ジャパン

  • profile 山本 拓 とは
  • 福井情報
  • メールマガジン 「拓ネット」 登録はこちら!

TOPに戻る