福井県米粉普及協会からの研修会参加のお願い

ご案内のとおり、米の消費量は年々減少しており、その対策として、国は新規需要米政策として米粉の普及拡大を推進しています。

 

世界の小麦消費量は、年間約7億トンです。

小麦アレルギー有症者やノバク・ジョコビッチ選手(テニス界の絶対王者。著書に『ジョコビッチの生まれ変わる食事』)等のグルテンの摂取を好まない方の主食の小麦需要量として、世界の小麦消費量の1割(7千万トン)以上と推計され、需要は更に拡大を続けています。

 

それらが日本のノングルテン米粉の顧客(輸出先)となります。

 

福井県米粉普及協会では、米粉に関心がある方を対象に、下記の日程で研修、発表会等を行います。

アイデア、ご意見等、メンバーとしてご協力・ご参加いただきたく、お願い申し上げます。

 

日時:2019年4月15日(月)14:00~

会場:福井県食品加工研究所 研修室

(福井県坂井市丸岡町坪ノ内1-1-1)

日本のノングルテン米粉とは

よく耳にする「グルテンフリー」は欧米の基準でグルテンの含有量20ppm以下/未満以下のものを言います。

 

日本では、更に厳しい「グルテン含有1ppm以下」の『ノングルテン』基準が誕生しました。

日本のノングルテンと欧米のグルテンフリーの比較

 

お問い合わせ先

衆議院議員山本拓事務所

電話:0778-51-8834

  • profile 山本 拓 とは
  • 福井情報
  • メールマガジン 「拓ネット」 登録はこちら!

TOPに戻る