文部科学省【平成30年度予算案・主要事業】

昨年12月22日に閣議決定された平成30年度予算案のうち、
文部科学省所管の予算は5兆3,093億円です。

 

文部科学省所管の予算の概要については、以下のリンクからご覧いただけます。

 

<平成30年度予算>(文部科学省) ←クリックしてご覧ください。
<文化関係予算 平成30年度>(文化庁) ←クリックしてご覧ください。
<平成30年度 スポーツ庁予算(案)>(スポーツ庁) ←クリックしてご覧ください。

 

主要事業

 
| 次なる時代を切り拓く「人づくり」の推進
 

1.社会を生き抜く力の養成
(1)新学習指導要領の円滑な実施と学校における働き方改革のための指導・運営体制の構築
 ◆義務教育費国庫負担金
 ◆専門スタッフ・外部人材の拡充
  ○スクールカウンセラーの配置拡充【再掲】〔補助率1/3〕
  ○スクールソーシャルワーカーの配置拡充【再掲】
  ○いじめ防止等対策のためのスクールロイヤー活用に関する
  ○補習等のための指導員等派遣事業
   ①学力向上を目的とした学校教育活動支援
   ②スクール・サポート・スタッフの配置
   ③中学校における部活動指導員の配置
  ○特別支援教育専門家等の配置(切れ目ない支援体制整備充実事業の内数) 【再掲】
 ◆学校現場における業務の適正化
  ○学校現場における業務改善加速事業
  ○学校給食費徴収・管理業務の改善・充実【再掲】
  ○地域ぐるみの学校安全体制整備推進事業【再掲】
  ○統合型校務支援システム導入実証研究事業

(2)これからの学校教育を担う教員の資質能力の向上
 ◆新しい教育課題に対応した教員研修の充実と大学における教員養成の改革
 ◆教員免許管理の在り方に関する調査研究 

(3)地域と学校の連携・協働の推進
 ◆学校を核とした地域力強化プラン
  ○コミュニティ・スクール推進体制構築事業
  ○地域学校協働活動推進事業
  ○地域における家庭教育支援基盤構築事業
  ○地域と連携した学校教育活動
   ①健全育成のための体験活動推進事業
   ②地域を担う人材育成のためのキャリアプランニング推進事業
   ③地域ぐるみの学校安全体制整備推進事業
   ④地域と連携した学校保健推進事業

(4)情報活用能力の育成を含む教育の情報化の推進
 ◆次世代の教育情報化推進事業
 ◆情報モラル教育推進事業
 ◆遠隔教育システム導入実証研究事業
 ◆次世代学校支援モデル構築事業
 ◆デジタル教科書の制度化に関する検討

(5)特別支援教育の生涯学習化推進プラン
 ◆学校卒業後における障害者の学びの支援に関する実践研究事業
 ◆切れ目ない支援体制構築に向けた特別支援教育の充実 【再掲】
 ◆社会で活躍する障害学生支援プラットフォーム形成事業
 ◆特別支援学校等における障害者スポーツの充実 【再掲】

(6)切れ目ない支援体制構築に向けた特別支援教育の充実
 ◆切れ目ない支援体制整備充実事業
 ◆学校における医療的ケア実施体制構築事業
 ◆発達障害の可能性のある児童生徒等に対する支援事業
 ◆特別支援教育に関する教職員等の資質向上事業
 ◆学習指導要領等の改訂及び学習・指導方法の改善・充実
 ◆学校における交流及び共同学習を通じた障害者理解(心のバリアフリー)の推進事業
 ◆教科書デジタルデータを活用した拡大教科書、音声教材等普及促進プロジェクト

(7)教育課程の充実
 ◆学習指導要領等の改訂及び主体的・対話的で深い学びの推進
 ◆新学習指導要領移行措置に対応する算数・数学、理科の補助教材の作成・配布事業
 ◆次代を見据えた教育課程・指導方法等に関する先導的研究開発
 ◆理数教育の充実のための総合的な支援等
 ◆現代的課題に対応した教育の充実等
 ◆カリキュラム・マネジメントの在り方に関する研究
 ◆高等学校における総合的な学習の時間の抜本的改善・充実
 ◆「キャリア・パスポート(仮称)」普及・定着事業【再掲】
 ◆次世代の教育情報化推進事業【再掲】
 ◆特別支援学校学習指導要領等の改訂及び学習・指導方法の改善・充実【再掲】
 ◆幼稚園教育要領の普及・啓発【再掲】
 ◆小・中・高等学校を通じた英語教育強化事業等

(8)道徳教育の充実
 ◆道徳教育の抜本的改善・充実等

(9)全国的な学力調査の実施
 ◆全国的な学力調査の実施

(10)いじめ・不登校対応等の推進
 ◆いじめ対策・不登校支援等総合推進事業
  ○外部専門家を活用した教育相談体制の整備・関係機関
  ○いじめ対策・不登校支援等推進事業
 ◆夜間中学における就学機会の提供推進
 ◇緊急スクールカウンセラー等活用事業

(11)子供の体験活動の推進
 ◆健全育成のための体験活動推進事業【再掲】
 ◆学校教育における長期宿泊体験活動の導入促進に関する調査研究

(12)幼児教育の振興
 ◆幼児教育無償化に向けた取組の段階的推進
 ◆幼児教育の質の向上
  ○幼児教育の推進体制構築事業
  ○幼稚園の人材確保支援事業
  ○幼児期の教育内容等の充実
  ○幼稚園教育要領の普及・啓発
  ○ECEC ※ Network事業の参加
 ◆幼児教育の環境整備の充実
  ○認定こども園等への財政支援
   ①認定こども園施設整備交付金
   ②教育支援体制整備事業費交付金
  ○私立幼稚園の施設整備の充実

(13)キャリア教育・職業教育の充実
 ◆将来の在り方・生き方を主体的に考えられる若者を育むキャリア教育推進事業
 ◆地域を担う人材育成のためのキャリアプランニング推進事業
 ◆スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール
 ◆専修学校による地域産業中核的人材養成事業【再掲】
 ◆職業実践専門課程等を通じた専修学校の質保証・向上の推進【再掲】
 ◆専修学校と地域の連携深化による職業教育魅力発信力強化事業【再掲】

(14)学校健康教育の推進
 ◆学校保健推進事業
 ◆学校安全推進事業
 ◆学校給食・食育総合推進事業

(15)少子化に対応した活力ある学校教育の推進
 ◆少子化・人口減少社会に対応した活力ある学校教育推進事業
 ◆へき地児童生徒援助費等補助金
 ◆高等学校における次世代の学習ニーズを踏まえた指導の充実事業

(16)高大接続改革の推進
 ◆高校生の基礎学力の定着に向けた学習改善のための研究開発事業【再掲】
 ◆「大学入学共通テスト」準備事業
 ◆大学教育再生加速プログラム(AP) 「高大接続改革推進事業」
 ◆大学入学者選抜改革推進委託事業

(17)女性の活躍推進等のための環境整備
 ◆男女共同参画推進のための学び・キャリア形成支援事業
 ◆女性スポーツ推進事業【再掲】

 

2.未来への飛躍を実現する人材の養成
(1)国立大学法人の基盤的経費の充実(国立大学法人運営費交付金等)
 ◆教育費負担の軽減
 ◆機能強化の方向性に応じた重点支援
 ◆共同利用・共同研究体制の充実による基礎科学力の強化

(2)国立大学経営改革促進事業
 ◆国立大学経営改革促進事業

(3)改革に取り組む私立大学への支援など私学の振興
私立大学等経常費補助
 ◆一般補助
 ◆特別補助
  ○私立大学等改革総合支援事業
  ○私立大学研究ブランディング事業
  ○若手研究者等の育成等に係る取組への重点支援
  ○経済的に修学困難な学生に対する授業料減免等の充実
私立高等学校等経常費助成費等補助
 ◆一般補助
 ◆特別補助
 ◆特定教育方法支援事業
  ○切れ目ない支援体制整備充実事業のうち特別支援教育専門家等配置
私立学校施設・設備の整備の推進
 ◆耐震化等の促進
 ◆教育・研究装置等の整備
  ○私立高等学校等ICT教育設備整備推進事業
  ○私立大学等教育研究装置・設備

(4)国立高等専門学校の基盤的経費の充実
 ◆国立高等専門学校における教育研究の充実

(5)大学教育再生の戦略的推進
①世界をリードする教育拠点の形成
 ◆卓越大学院プログラム
 ◆博士課程教育リーディングプログラム
 ◆Society5.0に対応した高度技術人材育成事業
革新的・先導的教育研究プログラムの開発推進
 ◆大学教育再生加速プログラム(AP)
 ◆地(知)の拠点大学による地方創生推進事業

(6)高度医療人材の養成と大学病院の機能強化
 ◆先進的医療イノベーション人材養成事業
  ○多様な新ニーズに対応する「がん専門医療人材
 ◆大学・大学院及び附属病院における人材養成機能強化事業
  ○課題解決型高度医療人材養成プログラム
  ○基礎研究医養成活性化プログラム

 (7)専修学校の人材養成機能の充実・強化
 ◆専修学校による地域産業中核的人材養成事業
 ◆専修学校グローバル化対応推進支援事業
 ◆職業実践専門課程等を通じた専修学校の質保証・向上の推進
 ◆専修学校と地域の連携深化による職業教育魅力発信力強化事業
 ◆専門学校生への効果的な経済的支援の在り方に関する

(8)リカレント教育・職業教育の充実に取り組む大学・専修学校等への支援
 ◆専修学校による地域産業中核的人材養成事業【再掲】
 ◆Society5.0に対応した高度技術人材育成事業【再掲】
 ◆男女共同参画推進のための学び・キャリア形成支援事業【再掲】
 ◆社会人の学びの情報アクセス改善に向けた実践研究
 ◆放送大学の充実・整備

(9)初等中等教育段階におけるグローバルな視点に立って活躍する人材の育成
 ◆我が国の伝統・文化教育の充実に係る調査研究
 ◆小・中・高等学校を通じた英語教育強化事業等
 ◆スーパーグローバルハイスクール
 ◆在外教育施設教員派遣事業等及び海外子女教育の推進
 ◆帰国・外国人児童生徒等教育の推進支援事業
 ◆高校生の国際交流の促進

(10)グローバル人材育成のための大学の国際化と学生の双方向交流の推進
大学教育のグローバル展開力の強化
 ◆スーパーグローバル大学創成支援事業
 ◆大学の世界展開力強化事業
大学等の留学生交流の充実
 ◆大学等の留学生交流の支援等
  ○大学等の海外留学支援制度
  ○日本人の海外留学促進事業
 ◆優秀な外国人留学生の戦略的な受入れ
  ○日本留学への誘い、入り口(入試・入学・入国)の改善
   ・日本留学海外拠点連携推進事業【拡充・名称変更】
  ○受入れ環境づくり、卒業・修了後の社会の受入れの推進
   ①外国人留学生奨学金制度
    ・国費外国人留学生制度
    ・留学生受入れ促進プログラム
   ②留学生就職促進プログラム

(11)諸外国・国際機関等との連携によるグローバルな人材の育成等
 ◆日本型教育の海外展開推進事業(EDU-Portニッポン)
 ◆国際バカロレアの推進
 ◆持続可能な開発目標(SDGs)の達成に資する国内外のユネスコ活動の充実
  ○開発途上国への教育協力事業
  ○ユネスコ地球規模の課題の解決のための科学事業信託基金拠出金
  ○グローバル人材の育成に向けたESDの推進
  ○ユネスコ活動の助成

 

3.学びのセーフティネットの構築
(1)幼児教育の無償化に向けた取組の段階的推進 〔再掲〕
   ○年収約360万円未満相当世帯(市町村民税所得割課税額77,100円以下)の保護者負担の軽減

(2)学校をプラットフォームとした総合的な子供の貧困対策の推進
 ◆教育相談の充実
  ○スクールソーシャルワーカーの配置拡充【再掲】
 ◆学習支援の充実
  ○地域未来塾による学習支援の充実
 ◆高校生等の就職・就学支援等
  ○高等学校における次世代の学習ニーズを踏まえた指導の充実事業【再掲】
 ◆要保護児童生徒援助費補助 〔補助率1/2〕
 ◆地域の教育資源を活用した教育格差解消プラン
 ◇被災児童生徒就学支援等事業

(3)私立小中学校等に通う児童生徒への経済的支援に関する実証事業
 ◆私立小中学校等に通う児童生徒への経済的支援に関する実証事業

(4)高校生等への修学支援
 ◆高等学校等就学支援金交付金等
 ◆高校生等奨学給付金(奨学のための給付金)

(5)大学等奨学金事業の充実と健全性確保
 ◆給付型奨学金制度の着実な実施
 ◆無利子奨学金の希望者全員に対する貸与の着実な実施
 ◆学生等の利子負担の軽減のための措置
 ◆大学等奨学金事業の健全性確保
 ◆スカラシップ・アドバイザーの派遣
 ◇大学等奨学金事業

(6)国立大学・私立大学等の授業料減免等の充実
 ◆国立大学の授業料減免等の充実【再掲】
 ◆私立大学等の授業料減免等の充実【再掲】
 ◆専門学校生への効果的な経済的支援の在り方に関する実証研究事業【再掲】

(7)学校施設等の整備の推進
公立学校施設の教育環境の改善等の推進
国立大学等施設の整備〔他に、財政融資資金〕
私立学校施設・設備の整備の推進〔再掲〕〔他に、財政融資資金〕
 ◆耐震化等の促進
 ◆教育・研究装置等の整備
  ○私立高等学校等ICT教育設備整備推進事業
  ○私立大学等教育研究装置・設備
認定こども園等の施設整備〔再掲〕
 ◆認定こども園施設整備交付金【再掲】

 

4.絆づくりと活力あるコミュニティの形成
学びを通じた地域づくりと学校・ 家庭・地域の連携協働
 ◆学校を核とした地域力強化プラン【再掲】
 ◆地域とともにある学校づくりの推進【再掲】
 ◆地域の教育資源を活用した教育格差解消プラン~親子の学び・育ち応援プラン~
 ◆博物館ネットワークによる未来へのレガシー継承・発信事業
 ◆男女共同参画推進のための学び・キャリア形成支援事業【再掲】

 
| スポーツ立国の実現
 

スポーツ立国の実現を目指したスポーツの振興
 ◆2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会、2019年ラグビーW杯等に向けた準備
  ○競技力向上事業
  ○ナショナルトレーニングセンターの拡充整備
  ○スポーツ・フォー・トゥモロー等推進プログラム
  ○ドーピング防止活動推進事業
 ◆スポーツ施策の総合的な推進
  ○スポーツ産業の成長促進事業
  ○大学スポーツの振興(日本版NCAAの創設)
  ○障害者スポーツ推進プロジェクト
  ○運動部活動改革プラン

 
| 社会的・経済的価値をはぐくむ文化政策への転換
 

(1)文化芸術の創造・発展と人材育成
 ◆文化芸術資源の創造・活用による地方創生と経済活性化等の推進
  ○国際文化芸術発信拠点形成事業
  ○劇場・音楽堂等機能強化推進事業
 ◆文化芸術創造活動への効果的な支援
  ○戦略的芸術文化創造推進事業
  ○日本映画の創造・交流・発信
 ◆芸術家等の人材育成

(2)かけがえのない文化財の保存、活用及び継承等
 ◆文化財の総合的な活用による観光戦略実行プラン
  ○地域の美術館・博物館クラスターの形成
 ◆文化財の適切な修理等による継承・活用等【一部再掲】
  ○建造物の保存修理等
  ○美術工芸品の保存修理等
 ◆文化財の公開活用、伝承者養成、鑑賞機会の充実等
  ○無形文化財の伝承・公開等
  ○国立アイヌ民族博物館の整備等
  ◇被災文化財の復旧等

(3)文化資源を生かした社会的・経済的価値の創出
 ◆文化財が円滑に活用される仕組みの整備
  ○地域の美術館・博物館クラスターの形成【再掲】
 ◆文化財への理解が再投資を生む好循環サイクルの構築【再掲】
  ○文化財を通じた歴史体感プロジェクト
 ◆国際的な文化芸術の拠点形成等【再掲】
  ○国際文化芸術発信拠点形成事業等
  ○戦略的芸術文化創造推進事業等
 ◆アート市場活性化事業

(4)日本ブランド向上に向けた多彩な文化芸術の発信
 ◆日本文化の発信・交流の推進
 ◆国際文化芸術発信拠点形成事業【再掲】

(5)文化発信を支える基盤の整備 ・充実
 ◆国立文化施設の機能強化
 ◆国立文化施設の整備
 ◆外国人に対する日本語教育の推進
  ○「生活者としての外国人」のための日本語教育事業等
 ◆文化発信を支える基盤の整備・充実

 
| Society5.0の実現に向けた科学技術イノベーションの推進
 

1.未来社会の実現に向けた先端研究の抜本的強化
 ◆Society 5.0実現化研究拠点支援事業
 ◆AIP人工知能/ビックデータ/IoT/サイバーセキュリティ統合プロジェクト
 ◆革新的材料開発力強化プログラム(M-cube)
 ◆光・量子飛躍フラッグシッププログラム(Q-LEAP)
 ◆ナノテクノロジープラットフォーム

 

2.科学技術イノベーション・システムの構築
 ◆オープンイノベーション促進システムの整備
 ◆革新的研究成果による本格的産学官連携の推進
 ◆地方創生に資するイノベーション・エコシステムの形成
 ◆ベンチャー・エコシステム形成の推進
 ◆未来社会創造事業(ハイリスク・ハイインパクトな研究開発の推進)

 

3.基礎研究力強化と世界最高水準の研究拠点の形成
 ◆科学研究費助成事業(科研費)
 ◆戦略的創造研究推進事業(新技術シーズ創出)
 ◆先端研究基盤共用促進事業
 ◆研究大学強化促進事業
 ◆世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)
 ◇世界の学術フロンティアを先導する大規模プロジェクトの推進
 ◇国立大学等施設の整備

 

4.科学技術イノベーション人材の育成・確保
 ◆卓越研究員事業
 ◆研究人材のキャリアマネジメントの促進
 ◆特別研究員事業
 ◆データ関連人材育成プログラム
 ◆次世代アントレプレナー育成事業(EDGE-NEXT)
 ◆スーパーサイエンスハイスクール(SSH)支援
 ◆ジュニアドクター育成塾
 ◆科学技術イノベーションを担う女性の活躍促進
  ・ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ
  ・特別研究員(RPD※2)事業
  ・女子中高生の理系進路選択支援プログラム

 

5.最先端大型研究施設の整備・共用の促進
 ◆最先端大型研究施設の整備・共用
  ・大型放射光施設(SPring-8)の整備・共用
  ・X線自由電子レーザー施設(SACLA)の整備・共用
  ・大強度陽子加速器施設(J-PARC)の整備・共用
  ・スーパーコンピュータ「京」及び革新的ハイパフォーマンス・コンピューティング・インフラ(HPCI)の運営
 ◆ポスト「京」の開発
 ◆官民地域パートナーシップによる次世代放射光施設の推進

 

6.科学技術イノベーションの戦略的国際展開
 ◆国際科学技術共同研究推進事業等
  ・地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)
  ・戦略的国際共同研究プログラム(SICORP)
  ・日本・アジア青少年サイエンス交流事業
 ◆グローバルに活躍する若手研究者の育成
  ・海外特別研究員事業
  ・外国人特別研究員事業
  ・若手研究者海外挑戦プログラム

 

7.社会とともに創り進める科学技術イノベーション政策の推進
 ◆科学技術イノベーション政策における「政策のための科学」の推進
 ◆戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)
 ◆科学技術コミュニケーション推進事業
 ◆研究活動の不正行為への対応

 

8.健康・医療分野の研究開発の推進
 ◆再生医療実現拠点ネットワークプログラム
 ◆脳科学研究戦略推進プログラム・脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト
 ◆橋渡し研究戦略的推進プログラム
 ◆ゲノム医療実現推進プラットフォーム事業
 ◆感染症研究革新イニシアティブ

 

9.クリーンで経済的なエネルギーシステムの実現
 ◆未来社会創造事業(ハイリスク・ハイインパクトな研究開発の推進)「地球規模課題である低炭素社会の実現」領域
 ◆戦略的創造研究推進事業(先端的低炭素化技術開発(ALCA))
 ◆省エネルギー社会の実現に資する次世代半導体研究開発
 ◆ITER(国際熱核融合実験炉)計画等の実施
 ◆気候変動適応戦略イニシアチブ

 

10.自然災害に対する強靱な社会に向けた研究開発の推進
 ◆首都圏を中心としたレジリエンス総合力向上プロジェクト
 ◆地震・津波等の調査研究の推進
  ・地震調査研究推進本部関連事業
  ・海底地震・津波観測網の運用
  ・南海トラフ広域地震防災研究プロジェクト
  ・日本海地震・津波調査プロジェクト
 ◆次世代火山研究・人材育成総合プロジェクト
 ◆基礎的・基盤的な防災科学技術の研究開発の推進

 

11.人類のフロンティアの開拓及び国家安全保障・基幹技術の強化
(1)宇宙・航空
 ◆安全保障・防災/産業振興への貢献
  ・H3ロケット
  ・イプシロンロケット高度化
  ・技術試験衛星9号機
  ・先進光学衛星(ALOS-3)/先進レーダ衛星(ALOS-4)
  ・光データ中継衛星
  ・温室効果ガス観測技術衛星2号「いぶき2号」(GOSAT-2)
 ◆宇宙科学等のフロンティアの開拓
  ・宇宙ステーション補給機「こうのとり」(HTV)
  ・X線天文衛星代替機
 ◆次世代航空科学技術の研究開発

(2)海洋・極域
 ◆国土強靱化に向けた海底広域変動観測
 ◆統合的海洋観測網の構築
 ◆北極域研究の戦略的推進(北極域研究船の推進を含む)
 ◆南極地域観測事業

(3)原子力
 ◆原子力の基礎基盤研究とそれを支える人材育成
  ・高温ガス炉に係る研究開発
  ・「もんじゅ」サイトを活用した試験研究炉に関する調査・検討
  ・原子力の研究開発及び人材育成の基盤強化に向けた取組
 ◆「東京電力(株)福島第一原子力発電所の廃止措置等研究開発の加速プラン」の実現
 ◆原子力の安全性向上に向けた研究
 ◆核燃料サイクル及び高レベル放射性廃棄物処理処分の研究開発
 ◆原子力施設に関する新規制基準への対応等、施設の安全確保対策

  • profile 山本 拓 とは
  • 福井情報
  • メールマガジン 「拓ネット」 登録はこちら!

TOPに戻る