無電柱化の整備延長目標

無電柱化推進に関する目標が記載されている計画は以下の2つがあり、2018年度~2020年度の3か年で合計約2,400km、無電柱化に着手することとなっています。

 

無電柱化の整備延長の推移

①無電柱化推進計画=約1,400km/3年

『無電柱化の推進に関する法律』第7条に基づき、『無電柱化推進計画』が2018年4月に策定されました(国土交通大臣決定)。

この計画を策定した際には、経済産業大臣・総務大臣への協議、電気事業者等への意見聴取が行われました。

 

この計画には、2018年度~2020年度の3か年のうちに、無電柱化を約1,400km促進させることが目標として掲げられています。

 

『無電柱化推進計画』【PDFダウンロード】

②防災・減災、国土強靭化のための3か年緊急対策=約1,000km/3年

2018年12月14日に『防災・減災、国土強靭化のための3か年緊急対策』が閣議決定されました。

 

その中で、「市街地における電柱に関する緊急対策」が具体的措置として挙げられており、その『一覧』では、2020年度までの3か年で、電流東海の危険性の高い市街地の緊急輸送道路のうち約1,000kmについて無電柱化を推進することとされています。

なお、この約1,000kmについては、『無電柱化推進計画』における目標約1,400kmの外数として、上積みされることとなります。

 

『防災・減災、国土強靭化のための3か年緊急対策』【PDFダウンロード】

『防災・減災、国土強靭化のための3か年緊急対策(一覧)』【PDFダウンロード】

資料

無電柱化の推進に関する最近の取組
(2019年3月25日開催第9回無電柱化推進のあり方検討委員会配付資料)
国土交通省
無電柱化の推進に関する最近の取組(国土交通省)
PDFダウンロード
  • profile 山本 拓 とは
  • 福井情報
  • メールマガジン 「拓ネット」 登録はこちら!

TOPに戻る