ペットの飼い主等の法的義務追加とペットに関する新たな国家資格創設!

愛玩動物(ペット)を守るため、以下の2法律が提出され、動物愛護管理法等改正法、愛玩動物看護師法が成立しました。

(1)動物愛護管理法等改正法

動物取扱業の更なる適正化と、動物の不適切な取扱いへの対応の強化を図るため、動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護管理法)等を改正する法律が成立しました。

 

主な内容は、以下のとおりです。

 

①動物の所有者等が遵守すべき責務規程を明確化

 

②第一種動物取扱業による適正飼養等の促進等

・登録拒否事由の追加

・環境省令で定める遵守基準を具体的に明示

(遵守基準:使用施設の構造・規模、環境の管理、繁殖の方法等)

・犬・猫の販売場所を事業所に限定

・出生後56日(8週)を経過しない犬・猫の販売等を制限

 

③動物の適正飼養のための規制の強化

・適正飼養が困難な場合の繁殖防止の義務化

・都道府県知事による指導、助言、報告徴収、立入検査等を規定

・特定動物(危険動物)に関する規制の強化

(愛玩目的での飼養等を禁止、特定動物同士の交雑種を規制対象に追加)

・動物虐待に対する罰則の引上げ

(殺傷:懲役2年・罰金200万円→懲役5年・罰金500万円)

(虐待・遺棄:罰金100万円→懲役1年・罰金100万円)

 

④都道府県等の措置等の拡充

・動物愛護管理センターの業務を規定

・動物愛護管理担当職員の位置付けの明確化

・所有者不明の犬猫の引取りを拒否できる場合等を規定

 

⑤マイクロチップの装着等

・犬猫の繁殖業者等にマイクロチップの装着・登録を義務付ける

(義務対象者以外には努力義務を課す)

・登録を受けた犬猫を所有した者に変更届出を義務付ける

 

⑥その他

・保健所等における殺処分の方法に係る国際的動向の考慮

・獣医師による虐待の通報の義務化

・関係機関の連携の強化

・施行後5年を目途に必要な措置を講ずる検討条項

(2)愛玩動物看護師法

獣医療の内容の高度化・多様化が進むことに伴う診療現場でのチーム獣医療が果たす役割の増加と、犬・猫の飼養頭数の増加(約2,000万頭)に伴う飼い主による健康管理やしつけの重要性の高まり、動物を介在した福祉・教育等の諸活動への期待から、ペットの適正な飼養を更に推進することが求められていることから、獣医療等に関する専門家の資格(愛玩動物看護師)を創設するため、愛玩動物看護師法案が成立しました。

 

主な内容は、以下のとおりです。

 

①愛玩動物の看護等の業務時従事する者の資質向上・業務の適正を図るため、愛玩動物看護師の資格を定める。

 

②業務

・獣医師の指示の下で行われる愛玩動物の診療の補助

・愛玩動物の世話その他の看護

・愛玩動物の愛護・適正な飼養に係る助言その他の支援

 

③免許

・愛玩動物看護師国家試験に合格すること

・主務大臣の免許を受けること

・主務大臣は登録機関及び試験機関を指定できる

・知識の習得等の受験資格を規定

 

④愛玩動物看護師又はこれに紛らわしい名称の使用制限

(3)資料

①動物の愛護及び管理に関する法律の一部を改正する法律

改正法の概要

改正法の要綱

改正法の条文

新旧対照表

 

②愛玩動物看護師法

法律案の概要

法律案の要綱

法律案の条文

新旧対照表

  • profile 山本 拓 とは
  • 福井情報
  • メールマガジン 「拓ネット」 登録はこちら!

TOPに戻る