森林経営管理法【2019年4月1日施行】

昨年成立した「森林経営管理法」が2019年4月1日に施行されました。

森林経営管理制度の概要

森林経営管理制度の概要

森林経営管理制度により期待される効果

市町村
(地域全体)
◆林業経営が可能であるにもかかわらず、経営管理されずに放置されていた森林が経済ベースで活用され、地域経済の活性化に寄与。
◆間伐手遅れ林の解消や伐採後の再造林が促進され、土砂災害等の発生リスクが低減し、地域住民の安全・安心に寄与。
森林所有者 ◆市町村が介在することにより、長期的に安心して所有森林を任せられる。
◆意欲と能力のある林業経営者が、所有森林の経営管理を行うことにより、所有森林からの収益の確保が期待できる。
地域の林業経営者 ◆多数の所有者と長期かつ一括した契約が可能となり、経営規模や雇用の安定・拡大に繋がる。
◆これまで手がつけられなかった所有者不明森林も整備できるようになり、間伐等の施業や路網の整備が効率的に実施できる。

森林経営管理法(森林経営管理制度)について

①森林所有者に適切な森林の経営管理を促すための責務を明確化

②森林所有者自らが森林の経営管理を実行できない場合に、市町村が森林の経営管理の委託を受ける

③林業経営に適した森林は、意欲と能力のある林業経営者に再委託

④再委託できない森林及び再委託に至るまでの間の森林においては、市町村が管理を実施

森林経営管理制度(森林経営管理法)の概要

資料

森林経営管理法(森林経営管理制度)について~林業の成長産業化と森林資源の適切な管理の両立に向けて~
(平成30年6月(平成31年3月一部改正))
林野庁
森林経営管理法(森林経営管理制度)について(林野庁)
PDFダウンロード

リンク

森林経営管理制度(森林経営管理法)について(林野庁)

  • profile 山本 拓 とは
  • 福井情報
  • メールマガジン 「拓ネット」 登録はこちら!

TOPに戻る