市町村のための降雪対応の手引き

2019年1月21日、内閣府は『市町村のための降雪対応の手引き』を発表しました。

 

この手引きは、これまで国や関係機関から公表・周知されている降雪対応について改めて整理したもので、各市町村はこの手引きを参考に、地域の実情に応じた災害対応体制の強化を図ることとなります。

 

詳細は、以下のURLをクリックしてご覧ください。(リンク先ページの中程にあります。)

http://www.bousai.go.jp/taisaku/chihogyoumukeizoku/index.html

『市町村のための降雪対応の手引き』の特徴

市町村が実施すべき災害対応を掲載した「本編」と、平時の備えや基礎知識を掲載した「予防編」の2編で構成されています。

◆実施すべき対応を時系列で明示

・「降雪の予報が出たとき」から「著しい降雪のとき」、「災害復旧・被災者支援」までの5つのフェーズに分け、それぞれで必要な対応を掲載

◆社会経済活動への対応を考慮

・住民の安全確保や道路除雪のみならず、学校関係や観光・農林水産分野など影響しうる社会経済活動への対応も掲載

◆国等の支援や参考となる資料・リンク等を紹介

・国等による財政支援・活動支援のほか、参考となる資料・リンク、自助・共助の取組の推進などの平時の備えや大雪に関する気象情報などの基礎知識も紹介

  • profile 山本 拓 とは
  • 福井情報
  • メールマガジン 「拓ネット」 登録はこちら!

TOPに戻る