猪・鹿等の鳥獣肉を食卓に提供する仕組づくり

ジビエ利活用

邪魔者だった鳥獣の肉を地域活性化へ繋げるために

概要

鳥獣害対策として野生動物の捕獲が推進されていますが、その多くは焼却等廃棄されているのが現状です。 処分費用が掛かるものを食肉として活用することで地域活性化に繋げることができるため、農林水産省では現在、捕獲~処理加工~供給~消費の各段階での基準の策定のための協議会を設置し、検討を進めています。
県内においてもジビエの利用促進を図るため、その普及のための方策を検討します。

ジビエの更なる流通・消費促進のために

ジビエの流通・消費の促進を妨げているのは、ジビエの流通に関する規格が存在しなかったことと、それによる価格の高さ・不安定さが大きな理由として挙げられます。
そのため、農林水産省は「国産ジビエ流通規格検討協議会」を設置し、規格の策定を急いでいます。
最終的には豚肉と同等の価格で食卓に並べることを目標としています。

今後、自民党の農林水産流通・消費対策委員会(会長:山本拓)において、更なる議論を重ねる予定です。

その他

農林水産省では、以下のようなパンフレットを作成し、鳥獣対策・ジビエ利活用を促進しています。
 → 資料:ジビエ利活用で元気な地域づくり

今後、更にジビエの流通・消費の促進のために、どのようなことが必要となるでしょうか?
消費者の立場から、皆様のご意見をお聞かせください。

『ジビエ利活用』へのご意見募集

メールアドレス:
パスワード:

※ご意見投稿には会員登録が必要です。 会員登録をする