政府の補助金等の支援策等を再検討

ものづくり

日本を支える技術力を新しい産業に繋げる

<速報>ものづくり補助金 公募中

現在、平成28年度第2次補正予算「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」(ものづくり補助金)の申請受付が、2016年11月14日(月)から始まりました。
申請受付は2017年1月17日(火)までで、申請・問い合わせ先は各都道府県中小企業団体中央会です。

今回は「第四次産業革命型」という新しい類型も補助の対象となります。
IoT・AI・ロボットを用いた設備投資(複数の機械等がネットワーク環境に接続され、そこから収集される各種の情報・データ(ビッグデータ)を活用して、①監視(モニタリング)、②保守(メンテナンスサービス)、③制御(コントロール)、④分析(アナライズ)のうち、いずれかの一つ以上を行い、AIやロボットを活用するもの)が対象となります。
新規にAIやロボットを導入するのではなく、既設のAIやロボットをネットワーク環境に接続し、IoTを行うものも対象となります。
IoT機能を活用せず、単独でAIやロボットを活用する事業については、一般型又は小規模型での応募は可能です。

詳細は、【中小企業庁のホームページ】をご覧ください。


↑ クリックでPDFをご覧いただけます ↑

概要

福井県では眼鏡や繊維等の産業が有名ですが、日本を支えるそれらの技術を更に伸ばし、中小企業・小規模事業者のものづくりの一層の成長に繋げる方策及び新しいアイデアでものづくりをして新産業を創造する人への支援方法を研究します。

ものづくり政策の概要

ものづくりに関しては、経済産業省中小企業庁が多くの施策を打ち出しています。
 資料:ものづくり関連補助金等支援制度(中小企業庁)
 政策:経営サポート「ものづくり(サービス含む)中小企業支援」(中小企業庁)

それらの施策の中で有効なものは活用しつつ、更にどのような施策が必要か、ものづくりに携わる皆様の生のご意見をお聞かせください。

参考

福井県内では、サンドーム福井に「ものづくりキャンパス」が整備され、2016年11月下旬頃にものづくりの新しい環境が生まれることになっています。
 → サンドーム福井ものづくりキャンパス

『ものづくり』へのご意見募集

メールアドレス:
パスワード:

※ご意見投稿には会員登録が必要です。 会員登録をする