お米で世界を驚かそう!

米粉

ノングルテン・用途別表示で輸出拡大

目標

日本を代表する農産物である米ですが、昭和37年度の年間118.3kg/人をピークに消費量が減少し続け、平成27年度では概算で年間54.6kg/人とななっています。
このままでは米を中心とした水田を維持することも難しくなります。
そこで、米の粒のままの消費を促すとともに、米粉の普及を図ります。

小麦文化に殴り込み!
世界で小麦を主食としている人(年間消費量7億トン)に、米粉製品(パン、パスタ、ケーキ等)を供給することで、米の消費拡大, 、ひいては農業者の所得の安定と増加を目指します。
※世界の小麦消費量(7億トン/年)を1%米粉に置き換えたら7百万トンとなり、日本の年間米消費量に匹敵するほどの量となります。

手段

①安全安心の日本の米粉食品が世界の小麦アレルギー有症者を救う!

世界の主要穀物消費量(2014/2015)米粉製品のグルテン含有量と欧米・国内の表示制度
↑ クリックすると拡大して表示できます ↑

食物アレルギー有症率 日本 推定1~2%
フランス 3~5%
米国 3.5~4%
※日本における成人の食物アレルギーの原因の36.4%が小麦。
 他国でも同程度の割合と仮定すると、成人の1%程度は小麦アレ ルギーの可能性があることに加え、
 その家族も小麦を避ける可能性が高い。
→それら全てが米粉輸出のターゲットとなります。

欧米基準の「グルテンフリー」表示は、欧米人特有ののセリアック病患者向けのグルテン含有量20ppm未満を意味する食品表示であり、決して小麦アレルギー有症者全般向けの食品表示ではありません。
そこでグルテンが含まれない(検出限界である1pmm未満の)米粉製品につけられる「ノングルテン」表示を用いることで、セリアック病に加え、小麦アレルギー有症者全般の方が安心して使っていただける米粉製品の輸出・消費拡大を図り、「ノングルテン」表示・製品を日本から世界に発信します。

②用途別表示

小麦粉は強力粉・中力粉・薄力粉と、統一した表示がなされていますが、米粉にはそれがなく、各社バラバラであるため、どの米粉がどういうものを作るのに向いているのかわかりづらくなっています。
そこで、その米粉がパン、麺(パスタ)、ケーキ等のどの用途に適しているかの統一的な表示を作ることにより、消費者の使い勝手を向上させることで、より手軽に、より便利に米粉を使っていただき、消費者拡大を図ります。

政府による対応

①②とも、農林水産省が「米粉の用途別基準・グルテンを含まれない米粉製品の表示ルールに関する検討委員会」を設置して検討を進めており、平成28年度中に結論を得こととなっています。


↑ クリックすると拡大して表示できます

米粉と小麦粉の比較


↑クリックすると拡大して表示できます

日本で策定するグルテン1pmm未満の「ノングルテン」製品と、欧米基準で20pmm未満の「グルテンフリー」製品が、世界中の消費者の選択に委ねられます。
小麦アレルギーにおける安全性のほかにも、以下の点で小麦粉よりも米粉が優れています。

①栄養価(たんぱく質)が優れている

アミノ酸スコアが、小麦粉が36なのに対し、米粉は56と高いため、栄養価(たんぱく質)が高いと評価されています。
※アミノ酸スコアとは、食品に含まれるたんぱく質の各必須アミノ酸含量を一定の基準地と比較した割合のの最小値のこと。
この数値が高いほど、栄養価が優れることとなります。

②揚げ物の油摂取量が少ない

揚げ物料理をする際に、米粉と小麦粉をそれぞれ同じ条件で揚げた場合、油が付着する量が米粉の方が少なく、摂取カロリーを抑えることができるので、ヘルシーです。
鶏のから揚げにおける吸油率=米粉3%:小麦粉7%
ドウを上げた場合の吸油率=米粉4.3%:小麦粉8.5%
※ドウとは、粉と水を混ぜたもののこと。

米粉の最新情報(2017年1月追記)

米粉の推進について(農林水産省)
↑ クリックしていただきますと、資料の詳細をPDFでご覧いただけます ↑
米粉用米の状況
今後の米粉利用拡大に向けて
米粉の用途別基準・ノングルテン米粉製品表示ルールづくりについて
米粉消費拡大に向けた平成29年度予算概算要求事業
米ピューレー、米ゲルの新用途米穀加工品への位置付け(省令改正)
水田活用の直接支払交付金の概要

議論

生産者・消費者それぞれの立場から、国産の米や米粉を更に普及拡大する方策について、ご提案・ご意見をお聞かせください。

『米粉』へのご意見募集

メールアドレス:
パスワード:

※ご意見投稿には会員登録が必要です。 会員登録をする