新着情報

介護の在り方

現状 人口が横ばいのまま75歳以上が急増する大都市、75歳以上人口の増加は緩やかなものの人口が減少する町村部等、高齢化の進展には大きな地域差があります。
そのため、地域の実情に合った対策が必要であり、地域で高齢者を支える仕組みを構築を検討します。 制度 地域包括ケアシステ……

ワーク・ライフ・バランス

概要 人生いろいろ、仕事もいろいろ  生活だっていろいろ、選べます!
バランスのとれた人生を! 総務省統計局では、あなたの1日24時間を以下のように「1次活動」、「2次活動」、「3次活動」に分類しています。
あなたの1日24時間をこの分類で確認してみてください。 ……

子育て支援

概要 保育の受け皿の拡大にとどまらず、家事や子育ては女性が担うべきという古い意識を改め、男女が共に子育てに参加できるよう育児休暇等の制度の見直し等、子育てに奮闘するイクメン・イクママへの具体的な支援策について、多様な観点から研究します。 資料 ○父親の仕事と育児両立読本
○……

婚活支援

概要 少子化・人口減少が進み、生涯未婚率が年々上昇していることに鑑み、結婚を希望する人が家庭を築くことができるよう、ふれあいの場・交流の場を増やす方法等の、婚活を後押しする方策を検討します。 これまでの政府の取組 地域少子化対策強化交付金 (平成25年度補……

観光客・インバウンド

概要 国内の観光資源を最大限活用し、訪日外国人旅行者を国内に呼び込み、地域経済活性化を図ります。
そのため、地域の魅力の再発見・新発見による新たな観光資源の掘り起しや、中国等アジアからの教育旅行の受入れ促進等、観光産業活性化策を研究します。 目標 政府の目標(訪日外国旅行……

竹活用

概要 邪魔者扱いされている竹の有効活用を促進し資源化し、地域活性化に繋げます。地域で計画的に竹を栽培して安定供給を図り、発電、竹細工等の伝統産業、竹炭等の従来の用途に加え、除菌剤、建築資材、紙等の新用途を新たな産業とする等、竹産業を拡大・活性化させるための方策を研究します。

日本一治安の良い福井県実現

概要 日本はOECDの調査で2011年から2015年の5年連続で安全に関する指標が1位を記録しました。
そのように実質世界一安全な日本において、福井県は刑法犯の認知件数が4番目に少なく、また、体感治安が4番目に良い都道府県です。
治安の良さはあらゆる社会・経済活動の基礎となりますし、観光客誘致における最大の武器となります……

マイナンバーカード

概要 マイナンバーカードには、本来の税・社会保障・災害対策への使用以外にも、便利な機能が備わっています。
住所地市町村がコンビニ交付に参加していれば、住民票の写しや印鑑登録証明書、戸籍の証明書、各種税証明書が全国のコンビニで取得できます。また、公共施設等の利用者カードや自治体のポイントカードとしても使用できるようになります。
……

ジビエ利活用

概要 鳥獣害対策として野生動物の捕獲が推進されていますが、その多くは焼却等廃棄されているのが現状です。 処分費用が掛かるものを食肉として活用することで地域活性化に繋げることができるため、農林水産省では現在、捕獲~処理加工~供給~消費の各段階での基準の策定のための協議会を設置し、検討を進めています。
県内においてもジビエの利用促進を図るた……

日本食レストラン海外展開支援

概要 農林水産省は、JETROや中小機構と連携し、志のある若者、海外進出を考えている企業、退職後の海外居住者等が無担保・無保証で融資を受け、様々なアドバイスを無料で受けながら日本食レストランを、180以上ある国どこへでも出店できるスキームを構築しました。
約9万件にも及ぶ海外の日本食レストランですが、その全てが日本食をきちんと体現してい……